スタッフブログ

  • TOTOリモデルクラブ
  • LIXILリフォームネット
  • いい家ネット

自己研鑽会(地盤改良)2015年7月4日

 

 

当社では自己研鑽会という名目で毎週先輩社員方が新人社員に講義(勉強会)をしています。

今回は地盤改良の現場と小規模の改修工事現場と大規模の改修工事現場に行きました!

地盤改良の現場の様子を紹介します♪

 

 

説明を受けてる様子です!

写真撮るのが下手すぎて写真が暗くなって見づらいと思いますがご了承ください(́;ω;̀)

 

 

P1000106_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回地盤改良した土地は2~3mほど軟弱地盤でした。

・鋼製の杭を打ち込む鋼管杭工法(2m以内までOK)

・下部の良好地盤層と一体化させて支持地盤造る表層改良工法(深度30mほどまでOK)

・土の中にコンクリートの柱を造る柱状改良工法(2m以上8m以下OK)

など仕方、使うもの、軟弱地盤の深さなどで工法が違ってきます。

その中でも今回は柱状改良工法です♪

 

 

 

doc20150704120220_01_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑絵で表すとこんな感じです(・ω・)

 

 

 

P1000105_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑穴を掘ってセメントを流し込む機械です(・ω・)

 

 

P1000100_R

 

 

 

 

 

 

 

 

↑セメントと水を混ぜて上の機械に送る機械です(・ω・)

 袋の中はセメントが入っています。

 

 

P1000108_R

 

 

 

 

 

 

 

 

↑穴を掘ってセメントを流し入れた土と混ぜてるところです(・ω・)

見た目は練りあめを練っているようでしたw

穴の大きさは直径500mmで意外に大きかったですΣ(゜゜)

 

 

 

P1000109_R

 

 

 

 

 

 

 

 

↑そして仕上げです(・ω・)

表面の高さを測りながら綺麗に平らにしていました!

使われているセメントは特別に配合されていて

石灰が多く入っているので速乾性が良くすぐ乾くそうです!

 

 

今回は滅多に見ることのできない地盤改良を間近に見ることができ

そこで説明をしていただきとても勉強にできました!

もちろんその他の現場も見て説明を聞いて勉強になりました!

 

tana