耐震リフォーム

  • TOTOリモデルクラブ
  • LIXILリフォームネット
  • いい家ネット

いざに備えて耐震リフォーム

東日本大震災や阪神大震災といった大きな地震に見舞われてきた日本の住居は耐震性に目を向けなければなりません。家族の安全を守るために耐震リフォームを行うケースが増えています。

耐震リフォームは建物の構造と状況によって異なりますが、まずはご自分の住宅の耐震性をチェックできる耐震診断をしてみて下さい。

耐震診断に挑戦する[財団法人日本建築防災協会の耐震チェック]

地震対策の概要

地震対策には制震免震耐震の3種類の工法があり、下記のような特徴を持っています。
それぞれの利点をふまえた上で地震対策を行うのが重要であると言われています。

  • 建物の揺れを吸収 制震

    家屋内に制震装置を設置し、地震時に発生する建物の変形を吸収して家屋の揺れを抑えます。

  • 揺れを伝えない 免震

    地盤と家屋に可動部分を設け、地震の衝撃を吸収して揺れを建物に伝わりにくくします。

  • 壊れない建物にする 耐震

    建物の骨組みを追加したり金具を用いて強化し、地震の揺れから建物の破壊を防ぎます。

リフォームコバヤシでは制震工法の一つであるGHハイブリット制震工法をおすすめしております。

GHハイブリット制震工法のメリット

耐震では地震のエネルギーがそのまま建物に伝わってしまい壁や家具等が損傷しやすくなってしまいます。
揺れの軽減率や二次災害を考慮しますと免震による地震対策が有効ですが免震を導入するにはコストがかかってしまいます。

リフォームコバヤシではコストを抑えて(右図参照)地震対策を行えるGHハイブリッド制震工法を導入しています。

工法別のコスト比較

GHハイブリット制震工法の施工例

施行中の様子
GHハイブリッド制震工法は新築だけでなく既築住宅にも簡単に設置できます。
激しい揺れを吸収することで住宅の損壊を防ぎます。
耐震リフォームに関してのお問い合わせはこちら